小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

アテネ五輪の表彰台で聞いたメロディーだけの「君が代」

公開日: 更新日:

 オーストラリアとの準決勝に敗れ、どん底にいた僕らを救ってくれた長嶋監督からのFAX。長嶋監督を勇気づけるためにと戦ってきた日本代表が、最後は逆に励まされ、翌日の3位決定戦に向けて立ち上がれたのです。相手は強豪カナダ。しかし、すべての重荷から解放された日本代表は11―2で圧勝し、銅メダルを手にすることができました。

 それまではむしろ相手より重圧と戦ってきた僕らにすれば、五輪の舞台を初めて実感できたのがこの3位決定戦です。選手もコーチ陣も、中畑監督代行も少年のように目を輝かせ、最後の一球まで野球を楽しめた。そんな最後の試合、中畑監督代行と大野豊投手コーチが「マサ、行こう!」と九回のマウンドを託してくれました。

 先頭打者をセンターフライに打ち取ると、続く打者をライトフライ。そして最後も右翼に高く上がった打球を福留孝介がグラブに収め、日本の3位、銅メダルが決定しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る