引退の元エース吉見に竜託す現エース大野引き留めの大仕事

公開日: 更新日:

 今季限りで引退する中日の元エース・吉見一起(36)が6日、本拠地ナゴヤドームでのヤクルト戦に先発した。

 2005年に希望枠で中日に入団。08年から先発として頭角を現し、09年は16勝で最多勝に輝いた。11年は18勝で最多勝、防御率1・65で最優秀防御率の2冠。リーグ優勝に大きく貢献した。そんな元エースには最後に任務が託されることになりそうだ。

 さるチーム関係者がこう言った。

「現在11勝で防御率1・82、10完投など圧倒的な成績を残す現エース大野雄大の引き留めです。実は『吉見さんに育ててもらった』と言うほど慕っていて、新人時代に声をかけてもらった12年の年明けから4年連続で合同自主トレで師事した“吉見派”なんです。スーパーエースに成長した左腕の引き留めは、球団の今オフ最大の懸案事項だけに、最後に先輩・吉見には一肌脱いでもらいたい。引退後は一度球団を離れ、ネット裏に活躍の場を移す予定となっているが、吉見はいずれ中日で指導者になることは既定路線ですから」

 権利行使なら手を挙げることが確実視される阪神巨人に“強敵”が出現した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る