阪神の場当たりFA狂騒 大野&増田獲得してもまた不良債権に

公開日: 更新日:

 15年連続でリーグ優勝を逃した阪神がストーブリーグに突入した。

 国内FA権を持つ中日大野雄大(32)、西武・増田達至(32)の獲得調査を開始。スポーツ紙は「ノドから手が出るほど欲しい存在」と書いている。

 まずは大野雄だ。今季はここまで10勝6敗。防御率1・91、141奪三振はリーグトップで、開幕13連勝を果たした巨人菅野を上回る10完投、6完封という圧巻の成績を残している。FA宣言に踏み切れば大争奪戦は必至。今や日本球界ナンバーワンといっていい左腕は確かに、「ノドから手」だろう。しかも、京都府出身の関西育ち。熱心な阪神ファンだったことで知られる。阪神は2018年オフにFAで獲得した西勇が移籍後2年連続で2ケタ勝利。阪神はそんなエースとの左右二枚看板をもくろむ。

 さらに守護神・増田も狙う。12年ドラフト1位で西武に入団すると、1年目から今季まで8年連続40試合以上に登板。今季も47試合で5勝0敗、リーグトップの33セーブを挙げ、防御率2・11と安定している。阪神は開幕守護神を務めた藤川が今季限りで引退。現クローザーのスアレスには複数のメジャー球団が興味を示しており、来季の去就は不透明となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い