体操・内村航平「五輪どうできるか考えて」直訴への疑問

公開日: 更新日:

 東京五輪を開催するために設けられた体操の国際大会(8日)の閉会式で、五輪個人総合2連覇の内村航平(31)はこう訴えた。

「残念に思うことは、国民の皆さんが『五輪ができないのでは』という思いが80%を超えている。『できない』ではなく、『どうやったらできるか』を皆さんで考えて、どうにかできるように、そういう方向に変えてほしいと思います」

 産業能率大スポーツマネジメント研究所は、7月末に実施した「コロナ禍のスポーツ観戦意識調査」の結果を先月発表。東京五輪・パラリンピックについて84・8%が「現実問題として、来年の開催も難しいと思う」と回答。内村発言はこの結果を受けてのものだろう。

 だが、世界のコロナ感染者数は5030万人を超え、死者は125万人以上。米国は1日の感染者数が連日10万人を突破。イングランドでは2度目のロックダウンに入り、フランスでも外出が厳しく制限されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る