プロ野球は観客動員緩和もファンがソッポ…五輪と共倒れか

公開日: 更新日:

 プロ野球DeNAと神奈川県などは政府の了承の下、10月30日~11月1日の阪神3連戦で観客動員の制限緩和の実証実験を行った。

 政府は現在、大規模イベントの観客動員を定員の最大50%以内に制限中。DeNAはその観客上限を30日は最大80%、31日は90%、1日は100%と段階的に引き上げ、球団は動員を促すため、チケット代を最大35%引きにするなどしたが、販売可能な約3・2万席に対し、30日は約1・66万人(51%)、31日は約2・45万人(76%)、そして1日は約2・79万人(86%)にとどまった。

 政府にとって今回の実験は、来夏の東京五輪開催に向けたモデルケースであり、プロ野球としても入場料収入の大幅減に悩む中、通常開催を行うためのテストでもあった。とはいえ、コロナ禍は終息の兆しが見えず、DeNAファンからは、「さすがに満員は怖い」「実験に利用されたくない」との声が出るなど、試みは失敗に終わったと言っていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る