照ノ富士が朝乃山撃破も…“特例なし”大関復帰はイバラの道

公開日: 更新日:

 全盛期を彷彿させる、豪快な投げを決めた。

 9日、結びの一番で元大関照ノ富士(28)が、大関朝乃山を撃破した。

 この2人、いずれも右四つを得意とする力士。相四つのぶつかり合いはしかし、立ち合いで決着がついた。照ノ富士は下から素早く左上手をとると、即座に右差し。盤石の体勢で攻め、朝乃山を上手投げで土俵に叩きつけた。

 インタビューでは「前向きに、ここから3場所が大事」と話した照ノ富士。インタビュアーにその真意を聞かれると、

「元の地位に戻ってみたいなと。毎日、できることをやっていますんで、(稽古を)信じて土俵に上がっているだけです」

 と答えた。

 かつては「横綱に最も近い大関」と評価されていたが、右ヒザ前十字靱帯断裂の大ケガに続いて、左ヒザも痛めて陥落。一時は序二段にまで落ちるなど、もがき苦しんだ。そこから今場所の小結まで上がったものの、大関復帰のハードルは高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る