冷や汗白星発進の新大関・正代に“守り思考”という新たな敵

公開日: 更新日:

 狙われる立場ということを如実に表した一番だった。

 8日、新大関正代(29)が前頭筆頭若隆景相手に今場所初白星。しかし、苦戦も苦戦、冷や汗ものの勝利とあれば、喜んでばかりもいられない。

「若隆景は左おっつけが得意だが、この日は右からおっつけた。これは正代の左差しを封じるためで、対策を練って臨んだ相撲です。これに正代は面食らい、懐に入られてあわやとなった。それでも土俵際の絶体絶命の体勢から突き落とせたのは、持ち前の粘りと柔らかさがあればこそだが……」(ある親方)

 軍配は正代に上がるも、「同体ではないか?」と物言い。軍配通りになったとはいえ、協議を待つ間、正代は生きた心地がしなかっただろう。

 誰もが緊張する新大関初土俵の初日。負けようものなら、そのままずるずるといきかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る