横綱鶴竜が休場発表…“3休1勤”で毎度「進退かける」の軽さ

公開日: 更新日:

 さすが横綱、いいご身分――と言いたくなる。

 5日、横綱の鶴竜(35)が8日に初日を迎える11月場所の休場を発表。以前から抱えていた腰痛が原因で調整が遅れており、「出たら結果を残さないといけない。この状態では出てもしょうがない」と話した。

 途中休場を含め、これで3場所連続休場。前回も昨年9月場所から今年1月場所まで休場するなど、「3休1勤」が続いている。師匠の陸奥親方(元大関霧島)は、「何を言われても仕方ない。これ以上は、もう休めない。本人も覚悟していると思います」と、来年1月場所で進退をかけることを示唆した。

 とはいえ、鶴竜はこれまで何度も「進退をかけて」きた。2017年7月場所を途中休場したときは、当時の師匠だった井筒親方(元関脇逆鉾)が、「次は進退をかける場所になる」と発言。しかし、その時も3場所連続休場となり、ようやく土俵に上がったのは18年1月場所だった。続く3月、5月場所で連続優勝を果たしたものの、その後は14場所で皆勤はたったの5場所だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る