休場の弟子白鵬に媚を売る…宮城野親方の「謝罪と訂正」

公開日: 更新日:

 なんとも情けない親方だ。

 6日、宮城野親方(63=元前頭竹葉山)が異例の「謝罪と訂正」を行った。

 発端は5日、横綱白鵬の休場について、「もしそうなら、次の場所で進退をかけるしかない」と発言。それが6日になり、白鵬の自身初となる3場所連続休場が正式に決まるや、協会を通じ、「白鵬の進退に関わる発言は本意ではなく軽率だった。深く反省し、訂正したい」とコメントしたのだ。

 ここ数年、白鵬は休場が激増。親方として「進退」の2文字を口にするのは当然だ。おおかた白鵬からクレームがついたのだろうが、わざわざ訂正のコメントまで出す必要はない。

「宮城野部屋の力関係を考えれば、あんなもんでしょう。なにせ、白鵬に毎年お年玉をもらって相好を崩している親方ですよ。稼ぎ頭の横綱に頭が上がらず、白鵬も親方のことを協会との連絡係兼運転手くらいにしか思ってませんよ」(ある親方)

 これでは白鵬が増長するのも当然である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る