小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

最後までロッテに笑いとチームに勝利をくれた「初芝劇場」

公開日: 更新日:

 僕がロッテでプレーしていた当時、投手陣のまとめ役が小宮山悟さんなら、野手陣は初芝清さんでした。初芝さんにはお世話になったうえ、思い切り笑わせていただきました。

 初芝さんといえば、ロッテを代表する三塁手。計11シーズンで2ケタ本塁打をマークし、うち4シーズンは20本以上。1995年には打点王のタイトルも獲得したクラッチヒッターです。

■「ミスター珍プレー」

 そんなベテランのもう一つの顔といえば「ミスター珍プレー」。守備でのオーバーアクションはテレビの「珍プレー好プレー」番組でも名物になっていました。裏を返せば、それだけファンに愛されていた方なんです。

 2005年の引退試合は圧巻でした。引退試合なのに死球を食らうというアクシデントもありながら、最後は「ファンの皆さま、そして世界一の応援団であるみんな。本当にありがとうございました」というスピーチで締め、胴上げ。スタンドからは真っ白な紙テープがいたるところから投げ入れられました。そして紙吹雪が舞う中、スタジアムを一周したのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  2. 2

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  5. 5

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  6. 6

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  7. 7

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  8. 8

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  9. 9

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  10. 10

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

もっと見る