ロッテをCSに導いた藤原「フルスイング」貫く心身の強靭さ

公開日: 更新日:

 プロ野球界には首脳陣や周囲の助言を聞き過ぎてつまずく新人がごまんといる。不調から抜け出したいと思うあまり、さまざまな人からさまざまなアドバイスを聞いた結果、パニックに。揚げ句、自分の持ち味まで殺してしまうパターンだ。

 そんな経験とは無縁で活躍しているのが高卒2年目、ロッテ藤原恭大(20)だ。

 決勝の逆転3ランを放った前日に続き、勝てばチームのCS進出が決定する8日の西武戦の六回には左中間にダメ押しとなる適時二塁打。4打数2安打1打点で天王山の勝利に貢献した。

「インコースを狙って思い切っていきました。打ったのはスライダー。タイムリーになってよかったと思う」とは本人だ。

 大阪桐蔭高3年時は根尾(中日)、柿木(日本ハム)らとともに甲子園春夏連覇。ドラフトでは3球団から1位指名されて鳴り物入りで入団したものの、1年目は6試合に出場しただけ。ファームでも82試合で打率・227、4本塁打、21打点とパッとしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る