巨人独走Vも日本Sへ長い空白…「90年に酷似」と数々の証言

公開日: 更新日:

西武に屈辱の4連敗

 コロナ禍のセ・リーグは巨人の独壇場だった。

 9月15日に優勝マジック「38」が点灯。開幕から72試合目での点灯はセの最短記録だった。最後こそ足踏みしたものの、10月30日に危なげなくリーグ連覇を達成した。

 今季セはクライマックスシリーズ(CS)を行わないため、21日の日本シリーズ開幕へ向け、消化試合を淡々とこなした。

「今年の巨人はどこか1990年に似ています」

 当時、一軍投手コーチを務めていた中村稔氏がこう振り返る。

「あの年、シーズンは独走。しかし、リーグ優勝(9月8日)を決めてから、日本シリーズ(第1戦は10月20日)まで40日くらい間隔が空いて西武に4連敗を食らいました。前年のシリーズは近鉄相手に3連敗から4連勝。奇跡の逆転日本一になったので、悔しいやら寂しいやら情けないやら……。天国から地獄という感じでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  6. 6

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る