小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

春のセンバツ出場校の選考と新聞販売拡張の因果関係

公開日: 更新日:

 秋の東京大会が終わり、来春センバツの選考資料となる各地区大会が全て終了した。気になるのは、関東・東京地区の出場枠「6」を巡り、最後の1校が今年も紛糾しそうということだ。

 まず東京大会優勝の東海大菅生、関東大会を制した健大高崎(群馬)、準優勝の常総学院(茨城)は当確。同4強の専大松戸(千葉)、東海大甲府(山梨)もほぼ決まりだろう。問題は6校目だ。

 関東大会8強敗退組では、国学院栃木、木更津総合(千葉)、東海大相模(神奈川)の3校に可能性がある。その中でも東海大甲府との準々決勝で、1―2の逆転サヨナラ負けを喫した東海大相模が最有力。東京準優勝校の日大三との比較になる。

 センバツの主催・後援は毎日新聞社と朝日新聞社。我々、指導者の間では、「東京の優勝、準優勝校が東西で分かれなかった場合、新聞の販売拡張の意味で、2校は選ばれず、1校になることが多い」との都市伝説のような話がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  2. 2

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  6. 6

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  9. 9

    ハンバーガーを求めて大行列! 最大「14時間待ち」の仰天

  10. 10

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

もっと見る