ドラフト“何位縛り” 裏で糸を引く社会人チームの手練手管

公開日: 更新日:

 つくづくツキがないと思ったよ。

 例年なら指名あいさつやら、契約に向けた下交渉で大忙し。最近は少なくなったけど、「この指名順位なら最低でも契約金5000万円はもらわないと」なんて吹っ掛けてくるベテラン監督も中にはいるからね。関東地区大学野球選手権や都市対抗なんかをカバーしながら、ときにはややこしい交渉をやらなきゃならない。

 それでも忙しいのはうれしい悲鳴だけど、今年は自分が担当する選手をすべて他球団にもっていかれた。で、たまたま空いた時間にゴルフの打ちっ放しに出掛けようと思ったら、手元のスマホが鳴った。部長からだ。「若いのが指名あいさつに行くんで面倒みてくれ」ってね。

 しかも、相手は2位縛りの大学生。つまり3位以下の指名ならプロ入りせずに社会人に行くという選手を、ウチが下位で指名したから面倒なことになるのは確実だ。それを経験不足の若手じゃ不安だからフォローしろってことさ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  2. 2

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  5. 5

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る