W杯ジャンプ小林陵いまだ“低空飛行”…3戦連続惨敗の絶不調

公開日: 更新日:

 元王者が絶不調だ。

 ノルディックスキージャンプ男子のW杯第3戦(フィンランド・ルカ=HS142メートル、K点120メートル)が29日に行われ、2018―19年シーズンに個人総合を制した小林陵侑(24)は1回目121.5メートル、2回目126.5メートルで合計214.5点で15位。あとひとつに迫っている日本勢トップのW杯通算17勝はお預けである。

 今季の小林は開幕から低空飛行。38位に終わった28日の第2戦では、3季ぶりに2回目に進めなかった。ここまで3戦連続で1桁順位の佐藤幸椰(25)にエースの座を奪われかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る