IOCバッハ氏が東京五輪「43%」でも公平性を唱え続ける愚

公開日: 更新日:

 今年3月時点で43%、そして現在も43%……。これ、何の数字かといえば、来年開催予定の東京五輪で、いまだ固まっていない出場枠の割合だ。

 各競技における出場選手、出場国の半数強は決まっているものの、残り半分は中ぶらりん。かといって、今後、この数字が劇的に改善される見込みも薄い。

 全世界を襲う新型コロナウイルスの影響で、ほとんどの競技が五輪予選中断、延期に追い込まれている。もちろん、再開のメドは立っていない。来春以降に予選を延期した競技も多いが、世界のコロナ感染者は増える一方。現時点で約6100万人。死者も約143万人だ。

 都市を封鎖する「ロックダウン」の動きも世界各地で広がっている。イングランドは今年だけで2度のロックダウンを実施。フランス全土やカナダ・トロントは現在も封鎖中で、スペインは来年5月まで緊急事態宣言の延長が決定された。とてもじゃないが、「五輪が近いから、そろそろ予選を……」なんて言える状況にない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る