38歳ヤクルト青木が3年10億円 異例契約で球団が描く青写真

公開日: 更新日:

 幹部候補生としての期待が如実に表れた。

 ヤクルトの外野手・青木宣親(38)が4日に契約更改。来季から新たに「3年総額10億円」の破格契約を結んだ。

「この年で3年契約、高く評価してくれました」

 本人がそう口にしたように、球団に41歳まで現役を保証されたことになる。3年契約の3年目だった今季は107試合に出場して打率・317、18本塁打、51打点。大ベテランの域に入っても首位打者3回の打撃技術は健在とはいえ、39歳からの3年契約には当然、リスクも生じる。

「衣笠球団社長は2018年にメジャーから復帰した青木に絶大な信頼を寄せていますからね。押しも押されもせぬ幹部候補生に、リスク度外視で球団としての最大限の誠意を見せたということでしょう。青木はすでに将来の監督就任が確実視されていますが、本人は指導者よりチーム編成、つまりGM就任により興味を持っているという話もあります。メジャーで6年間プレーした経験を監督よりさらに上の立場で生かしたいとの考えがあるようです。球団フロントの一部は、青木と2学年上の石川(雅規=40)の現役引退を待って、『青木GM、石川監督』という体制をつくる青写真を描いています」(ヤクルトOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る