イチローが智弁和歌山を熱血指導 日本球界復帰の可能性は

公開日: 更新日:

 アマ指導デビューはあの強豪校だった。

 昨年3月に現役を引退したイチロー(47=マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が4日、甲子園で3度の優勝経験のある智弁和歌山高で指導を行った。

 経緯は2年前、イチローが2018年秋の智弁和歌山の試合を観戦し、ブラスバンド部の応援に感銘を受けたことから交流が始まった。

 昨年12月には自身の草野球チームを結成。智弁和歌山の教職員チームとほっともっとフィールド神戸で対戦していた。

 今回の指導は3日間の日程で、初日は選手を観察、2日目から指導を開始した。3日目となったこの日は、全体練習後に選手自らに自主トレーニングの内容を決めるように指示。その中で実際にフリー打撃を行うシーンもあった。イチローは「僕が伝えられることはこの3日間で伝えた。期待しています」とナインに声を掛けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る