巨人「桑田入閣」仰天人事の波紋 “ポスト原”さらに大混乱

公開日: 更新日:

「驚きました」

 開口一番、こう言って目を白黒させたのは、元巨人投手コーチで評論家の高橋善正氏である。12日、巨人から発表された桑田真澄(52)の「投手チーフコーチ補佐」への就任を聞き、

「昨年すでに今季の組閣が発表されていた。春季キャンプが始まるまで3週間を切っているという時期が時期だし、退団後15年も経過しての就任もそう。プロ野球での指導者経験がない52歳の登用も、メジャーリーグ経験者の入閣も巨人では初めてのことでしょう。異例ずくめで、仰天しているOBも多いはずです。正直に言えば、桑田が巨人で指導者を務めることはもうないものだと思っていましたから」

 と、言うのだ。

■つきまとっていた負のイメージ

 実際、巨人での現役時代に通算173勝、1980年代後半から斎藤雅樹、槙原寛己と並ぶ3本柱のエースに君臨しながら、2006年に巨人を退団して以降、指導者として声がかかることはなかった。実績、知名度は抜群で、何度か巨人監督候補として名前は挙がったものの、浮かんでは消えるの繰り返し。いつしか「万年候補」とすら言われなくなったのには、もちろん理由があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る