田中将が楽天松井に伝授 メジャー流“高め速球”のメリット

公開日: 更新日:

 楽天の本拠地で自主トレ中の田中将大(32)が、後輩に貴重なアドバイスを送っていた。

 今季、抑えに専念する楽天の松井裕樹(25)が24日、高め速球で勝負するパターンを取り入れることを明かしたが、これ、一緒にトレーニングをする田中の助言によるものだという。

「これまでは高めに投げることをあまり意識していなかった。あえて狙うことでどうなるかトライしたい」と松井。

 メジャーはフライボール革命以降、本塁打が量産されている。打者は総じてアッパー気味のスイングをしたり、ボールの芯のやや下側をたたいたりするように。そんなフライボール革命に対する投手の対抗手段が、高めの速球と曲がりの大きなカーブなのだ。

「高め速球は球速があるほど有効とされ、多くの投手が球速をアップするために名高いトレーニング施設を利用するようになった。カーブも曲がりを大きくするために、回転軸や腕を振るときの角度を研究している」と特派員のひとりは話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る