楽天1位の早大・早川155キロ左腕は来年の開幕投手も射程圏

公開日: 更新日:

 目玉左腕、早大の早川隆久(木更津総合)の交渉権を獲得した楽天。4球団が競合した抽選で石井GMが当たりくじを持った左腕を掲げると、別室の球団ブースで待機していた三木監督は、「ヨッシャー!!」と勢いよくイスから立ち上がり、立花球団社長らと手を叩き合って喜んだ。何事にもひょうひょうとしている石井GMが「人生でこんなに緊張したことはない」と言うほど欲しかったMAX155キロ左腕。気の早い関係者からは、「来年の開幕投手もありえる」との声が出る。

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

「コロナ禍の自粛期間中にMAXが5キロアップしたスピードはもちろん、制球力にスライダーやチェンジアップ、カットボールの変化球などどれを取っても一級品、というのがスカウトの評価。チームは、松井裕樹が先発転向に失敗してリリーフに戻るなど、計算できる左の先発が絶対的に不足している。右のエースの則本にしても右肘を手術した昨季は5勝で今季もここまで5勝5敗。ダブルエースの岸もここ数年は故障続き。今季も9試合の登板にとどまり、35歳になって年齢との闘いに直面している。11勝3敗でチーム勝ち頭の涌井だって34歳。早川がキャンプ、オープン戦と順調にこなせば、開幕マウンドに立っても不思議はありません」(楽天OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る