松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

上位陣総コケの初場所 相撲甚句で「正代の正体見たり」

公開日: 更新日:

 国技館近く両国の飲み屋のバアサマの噂話。

「いつもなら場所帰りに一杯ひっかけてくひいきがサ。みんなマスクしたまま通り過ぎちゃって、みんな両国駅から電車に乗って帰っちゃうんだもの、商売あがったりだわよ」

「商売もだけど、正代!ナニあれ? 優勝しなくてよかったわね。あんな相撲で優勝してたら、裏じゃ何言われるか分かったもんじゃないわよ」

「相撲のひいきってみんな口が悪いからサ~」

「どうも、勝ちゃいいんだろ、って態度が見え隠れするわよね。朝乃山だってすぐ息上がっちゃうし、貴景勝なんか肩で息してるし。辛気くさくていけないわよ」

「なんかパッと景気づけにサ。初場所の相撲甚句、ちょいとこぶしが回っていい男の、勢ちゃんに流してもらおうと思うんだけど、どう?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

もっと見る