瀬戸大也は不倫報道から復帰初V 狙うは「助成金」支給再開

公開日: 更新日:

 不倫騒動で活動停止処分を受けた競泳男子日本代表の瀬戸大也(26)が4日開幕のジャパン・オープン(東京アクアティクスセンター)で復帰。 初日の400メートル個人メドレーでいきなり4分12秒57で優勝を飾った。レース後にまずは、一連の不祥事を謝罪すると「4分10秒台を狙っていたけど、切れなかった。まだ、五輪では戦えないので、(今後は)目の前のことをしっかりとやっていきたい」と、約5カ月ぶりの実戦を振り返った。

 同日午前の予選では幼少の頃から切磋琢磨してきた萩野公介(26)と同組となり、隣同士のレーンでレースを展開。全体6位の萩野を上回る同2位で決勝進出を決めたが、2人のスイミングキャップから境遇の違い、不倫の代償が改めて浮き彫りになった。

 所属するタイヤメーカーやスポンサー企業のロゴ入りキャップをかぶった萩野とは対照的に、瀬戸の帽子には提供を受けたスポーツ用品メーカーのブランド名のみ。女性問題でケチをつけ、スポンサー契約を解除された航空会社のロゴはきれいさっぱりと消滅。キャップだけを見れば、ライバル同士の格差は一目瞭然だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る