池江璃花子が驚異の復調 バタ解禁で東京五輪代表入りの目

公開日: 更新日:

 急性白血病を患った競泳女子元日本代表の池江璃花子(20)が、完全復活に向けてまた一歩前進である。

 25日、2月の東京都オープン(辰巳)の出場選手が発表され、いずれも日本記録を保持するバタフライ2種目(50、100メートル)にエントリーした。昨年8月の東京都特別大会で復帰して以来、自由形に絞ってレースをこなしてきたが、いよいよ得意のバタフライを解禁する。

 23日の北島康介杯(辰巳)の100メートル自由形で55秒35をマーク。東京五輪代表選考会を兼ねた4月の日本選手権(東京アクアティクスセンター)の参加標準記録56秒53を突破した。次戦でバタフライの同記録をクリアし、さらに4月の日本選手権で最低でも五輪派遣標準記録Ⅱ(100メートル=57秒10)を突破すれば、個人種目はもちろん新種目の混合も含めてリレー3種目のメンバー入りも見えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る