今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

公開日: 更新日:

 そんな説明が通るのか。

 全日本柔道連盟(全柔連)の管理職の元職員が昨年4月、事務局内でコロナの集団感染が発生した経緯を調査していた過程で威圧的な言動を繰り返していた疑いが浮上。そのパワハラ疑惑を承知しながら公表しなかった山下泰裕会長(63)が26日、取材に応じた。

 山下会長はコンプライアンス委員会からパワハラ行為については報告があったことは認めたものの、隠蔽については否定。疑惑を公表しなかった点については、問題の元職員は1月に自己都合で退職し、連絡が取れず「パワハラ認定ができなかった」と釈明した。さらに山下会長は、日本オリンピック委員会(JOC)の会長を兼務していたことで忙しく、指摘されるまで「問題そのものに気づかなかった」とも語った。無責任な会長だ。

 国士舘大非常勤講師でスポーツライターの津田俊樹氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る