山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

“阪神の怪物新人”佐藤輝明に見る金本監督時代の「超変革」

公開日: 更新日:

 阪神ドラフト1位ルーキー・佐藤輝明の評判が良い。あまりに良すぎて怖いくらいである。

 もともとソフトバンク・柳田級のスラッガーという触れ込みだったことに加え、キャンプ中の実戦でも噂以上の豪打を連発しているから、その株価は高まる一方だ。とにかくスイングがパワフル、打球が飛ぶ、体もでかい、そのくせ柔らかさもある。顔つきもいかついし、良い意味で鼻柱の強さも感じる。素人目から見ても、佐藤の怪物ぶりは際立っている。

 また、阪神出身以外のOBがこぞって佐藤を高く評価しているところにも信憑性を感じる。辛口で知られる権藤博氏が日刊スポーツ紙上で「何十年に1人の逸材」と絶賛し、他にも宮本慎也氏や和田一浩氏といった阪神に忖度する必要のない他球団出身の大物OBも口々に賛辞を連発している。今のところ佐藤に苦言を呈しているのは、某テレビ番組で「今の打撃フォームでは活躍は難しい」と評した張本勲氏くらいだが、まあ、張本さんはいいでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  7. 7

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

もっと見る