阪神佐藤が守備たらい回し…周囲が気をもむ監督の“無節操”

公開日: 更新日:

 本人は我が意を得たりだっただろう。

 阪神ドラフト1位佐藤輝明(21=近大)が16日の楽天との練習試合に「3番・三塁」でスタメン出場。2安打を放った。

 三塁レギュラーの大山が12日の紅白戦で腰に張りが出たこともあって対外試合で初めて本職である三塁を守ったが、六回2死一塁の場面でボテボテのゴロを二塁送球し、野選を記録した。

 そんな佐藤輝はこれまでの実戦で、左翼、右翼、三塁の3ポジションに就いている。この日は高卒2年目の井上を4番左翼で起用するなど、矢野監督は将来の「夢オーダー」を意識したようだが、あるプロ野球OBは「三塁起用はファンやマスコミ向けの話題提供の側面もあるにせよ……」と、こう警鐘を鳴らす。

■外野構想打ち出したのなら

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る