長崎県が忖度 聖火辞退者に理由を「諸般の事情」と提案

公開日: 更新日:

 気持ち悪い忖度だ。東京五輪組織委の森前会長の女性蔑視発言を理由に聖火ランナーを辞退した長崎県佐世保市の大学院生諸国麻椰さん(26)に対し、県が理由を「諸般の事情」などという表現にとどめるよう提案していた。

 県の担当者は「本人のことを思い、中立的な表現が良いのではないかと考え提案した」と釈明している。

 諸国さんはNHKの取材に対し「こうした表現では、自分が辞退する意思が世間に全く伝わらないと感じた。男女共同参画社会について考えるきっかけにするためにも、具体的な言葉を使うべきだと伝えた」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る