五輪“不参加国”ロシアのワクチンは開催の救世主になるか

公開日: 更新日:

 カギを握るのはやっぱりワクチンか。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は24日、東京五輪の海外からの観客の受け入れについて言及。「4月終わりから5月初めには判断しなければならない」と語り、デュビ五輪統括部長は「4月の終わりが適切な時期」と具体的な時期を述べた。

 IOCは無観客開催も選択肢のひとつとしているが、海外、国内観客の有無や数についてはコロナの感染状況次第。

 そこで大きな判断材料になるのはワクチンだ。新聞、テレビなどで連日報じられているように、国内のワクチン接種は欧米に比べてはるかに遅れ、量も不十分。供給元の欧米でさえ争奪戦となっており、4月12日開始の高齢者向け接種も、とりあえず5万人分と少量だ。国内に入ってくるワクチン量は未定で、配送や接種会場、医師の数などにも多くの課題があるため、厚生労働省が目指す「向こう1年で全国民への接種」は厳しいとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る