燕加入・田口麗斗の執念 巨人打線はキリキリ舞いさせられる

公開日: 更新日:

 巨人からトレードでヤクルトへ移籍した田口麗斗(25)が3日、巨人とのオープン戦前に、オンラインでの入団会見に臨んだ。

「転校生の気分」と笑顔を見せると、「ユニホーム? 予想より似合っていたので、すごく晴れやかな気持ち。最後までローテーションに入って、巨人の連覇を阻止して優勝したい。高津監督を男にしたい」と意気込み、今季の目標を「2ケタ勝利と防御率2点台」に設定した。

 2016年は10勝、17年は13勝で2年連続2ケタ勝利をマークした左腕だ。

 巨人は昨年、対右投手の打率・255、対左は・258と左腕を苦にしていない。それでも今年のレギュラー候補は、左の好打者・梶谷がFA加入したことで、丸、大城、吉川、松原、新外国人テームズ、ドラフト5位ルーキー秋広ら、左打者がひしめいている。さらに昨年の成績を見ると、対阪神の左投手の打率は・234、対中日の左投手に対し・226。阪神・高橋、中日・大野といった好左腕相手には、分が悪い数字が出ている。なお、ヤクルトの対左投手は・324とカモにしている。

「200勝」の目標に執念燃やすだけに

 そこで田口である。巨人の高橋由伸前監督にはエース級の信頼を置かれていたが、原監督が復帰した19年以降の2年間は中継ぎ要員だった。田口はかねて「200勝」という大きな目標を掲げている。先発でないと達成は難しい偉業で、田口はこの移籍を前向きに捉えているようだ。ヤクルトは昨季12球団ワーストのチーム防御率4・61。脆弱な投手陣にあって、高津監督からは先発ローテーションの一角として期待を寄せられているのだ。

「『飼い殺しはしない』という原監督の方針で、巨人主導のトレードだったけど、田口は先発ローテの一角どころか、軸になるポテンシャルを秘めています」とは巨人のチーム関係者だ。

 右太もも裏の張りはすでに完治している。フル回転するであろう田口に、巨人打線がキリキリ舞いさせられる日は近い。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る