山口すず夏
著者のコラム一覧
山口すず夏プロゴルファー

2000年8月2日生まれ、神奈川県相模原市出身。160センチ、A型。7歳からゴルフを始め、15年「全米女子オープン」日本地区予選会2位。日本人史上最年少14歳でメジャー出場。18年「豪州女子アマ」で日本人初優勝。同年米女子ツアー最終QT36位資格で出場権を獲得。18歳でプロ転向。米ルーキーイヤーの昨季は賞金ランク150位。2年目の今季は初優勝を目指す。得意クラブはパター。環境ステーション所属。

アニカのように強く、多くの人に好かれるプロになりたい

公開日: 更新日:

 4日開幕の「ドライブオン選手権」はフィールド(出場枠)に入りました。アパートから車で約1時間30分の距離ですから、火曜日までの練習ラウンドは“自宅通勤”。そして水曜日から会場近くのAirbnbに移りました。

 試合会場のゴールデン・オカラG&ECは変化に富んだコースです。11番パー3はマスターズ会場のオーガスタ・ナショナルGC12番パー3とそっくり。グリーンが横長で、手前にクリークが流れているのも同じです。

 13番パー4は、セントアンドルーズ・オールドコースの右サイドにホテルがある17番パー4と同じレイアウトです。そのほかミュアフィールド、バルタスロール、ロイヤルトゥルーンなどメジャーの舞台になったゴルフ場の名物ホールもあります。

 グリーンは最近新しく改造されたため、硬めでアンジュレーションがあって難しい仕上がりです。アゲンスト風ならボールも止まるけど、フォロー風なら7番アイアンで打っても10ヤードぐらい転がってしまうので要注意です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る