山口すず夏
著者のコラム一覧
山口すず夏プロゴルファー

2000年8月2日生まれ、神奈川県相模原市出身。160センチ、A型。7歳からゴルフを始め、15年「全米女子オープン」日本地区予選会2位。日本人史上最年少14歳でメジャー出場。18年「豪州女子アマ」で日本人初優勝。同年米女子ツアー最終QT36位資格で出場権を獲得。18歳でプロ転向。米ルーキーイヤーの昨季は賞金ランク150位。2年目の今季は初優勝を目指す。得意クラブはパター。環境ステーション所属。

マンデートーナメント失敗も…復調の兆しがあり収穫大!

公開日: 更新日:

 22日に行われた「ゲインブリッジ選手権」マンデートーナメントは2オーバー18位タイ。48選手が出場して本戦進出は2人だけの狭き門を突破できませんでした。

 それでも体調不良や新型コロナ陽性による欠場者が出た時のオルタネート2位(繰り上がり出場順位)のため、マンデー終了後にPCR検査を受けました。大会初日の木曜日昼まで出場のチャンスがあり、会場で待機しましたが、出場はかないませんでした。マンデートーナメントは最終16組目の10時45分スタート。1組目から2時間45分後です。組み合わせがどういうシステムで決まるのかは知りませんが、いつも早い組だったので、ゆっくりできたのはよかったと思います。

 前半は4番パー3でボギー先行。ティーショットをグリーン右に外し、25ヤードのアプローチをピン1・5メートルにつけながらラインを読み間違えました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る