秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

どうやって打ったら曲がるんだ? 原監督はニヤリと笑った

公開日: 更新日:

 報道陣を含め、参加者が多い巨人の優勝旅行は、飛行機2機をチャーターして飛び立つ。他球団はだいたい1機だから、巨人はやはり規模が違う。

■巨人V旅行の楽しみはゴルフ

 みんなの楽しみは、やはりゴルフだ。ある年は原辰徳監督主催のコンペが5日連続で開催されたこともある。

 腕前がプロ級なのは有名だ。何度か同じ組で回ったが、ショットを曲げるのを見たことがない。私はよく曲がるから、「ボールが言うこと聞いてくれないんですよ」と言うと、原監督はニヤリと笑い、こう言うのだ。

「どうやって打ったら曲がるんだ?」

 私が批評するのはおこがましいが、原監督はフォームがきれいで、スイングにクセ、力み、ムダな動きがない。「最近は飛ばなくなったよ」と言いながら、今でもドライバーは280ヤード近くをかっ飛ばす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  7. 7

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  8. 8

    東京五輪の会場外あちこちに「密」が…“裏口観戦”クラスター発生危機に組織委お手上げ

  9. 9

    河野担当相「ワクチンだけでは難しい」と白旗! デルタ株“ブレークスルー感染”の猛威

  10. 10

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

もっと見る