巨人Wパンチで暗雲…中日・大野雄に勝てず菅野は登録抹消

公開日: 更新日:

 中日大野雄大(32)が粘った。

 昨季の沢村賞投手が、30日の巨人戦に今季初登板。三回と四回に失点したものの、五回以降はヒットを許さず、7回5安打2失点。試合は引き分けに終わった。

 昨季は11勝6敗、リーグトップの防御率1.82をマーク。10完投、6完封勝利を挙げた。国内FA権を取得し、巨人、阪神オリックスが獲得に興味を示した。さる球界関係者がこう言う。

「エース菅野のメジャー移籍を想定していた原監督は、大野雄の獲得を『目玉補強』と位置付けて調査していた。最終的に袖にされた格好で、落胆していました。手応えはあったんでしょう」

 結局、中日と年俸3億円の3年契約を結んだ。

「金銭面だけなら、巨人や阪神の方が上だったでしょう。ただ中日は、優勝ができたら3年契約の途中でもメジャーに挑戦できるという条項を盛り込み、さらに何らかの将来の手形を切ったのではないかといわれています。監督や指導者といった将来の保証です」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る