巨人菅野「抹消」の波紋…野上は代役務まらず戸郷に重圧が

公開日: 更新日:

 やはりエースの穴は埋まらなかった。

 本来なら開幕投手の菅野智之(31)が中6日で先発する予定だった2日のヤクルト戦に、代役として登板したのが野上亮磨(33)だ。2019年8月以来となる605日ぶりの一軍マウンド。無失点で迎えた六回に村上にスライダーを右翼席上段へ運ばれ、6回2失点で敗戦投手となった。

 菅野は先月26日の開幕戦後に、脚部の違和感により同30日に出場選手登録を抹消された。宮本投手チーフコーチは「来週金曜(4月9日の広島戦)には戻ってくる。重くは考えていない。1回飛ばすということで本人と確認した」と軽症を強調していたが、信じていいのか。

 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう言う。

「故障が踏ん張らないといけない足というのは不安ですね。仮に復帰したとしても、本調子に戻るまで時間がかかるかもしれない。一昨年に故障した腰もそうだが、投手は走り込みができないと、なかなか状態が上がってこない。他の投手陣へのひずみは当然生じるでしょう。相手は開幕投手の小川なのに、好投したとはいえ、先発7番手扱いの野上を投入せざるを得なかった。仮に二軍にいる平内や畠が投げたとしても、菅野の代役は務まらない。ただ、それより気掛かりなことがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る