誰が生き残る?東京五輪OA枠「吉田と遠藤が当確」の信憑性

公開日: 更新日:

 日本代表、U―24代表の4試合開催を受けて1日、JFA(日本サッカー協会)技術委員会が開かれ、終了後に反町委員長のオンライン会見が行われた。

 日本代表が韓国とモンゴルに勝利。U―24代表は強豪U―24アルゼンチン代表と0―1の敗戦に続いて、3―0の完勝劇。反町委員長も「いい成果、いい結果を及ぼすことができたし、露出も増えてサッカー人気的にも良かった」と満足げだった。

 これからは「五輪代表が東京五輪で金メダルを獲得するためにオーバーエージ(OA)枠に誰を起用するか?」が関心事のひとつ。新型コロナ禍前は「FW大迫、ボランチMF柴崎、CB吉田が当確と言われ、中でも森保監督は柴崎のことを高評価。遠征先のホテルで2人で話し合うなど全幅の信頼を寄せていた」(サッカー関係者)。

 しかし、MF遠藤がドイツで<デュエル王>と呼ばれるようになると指揮官は宗旨変え。「遠藤を軸にペアを誰にするか、これから熟考する」と話しているともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る