西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

走塁でボーンヘッドを犯し…心救われた落合博満さんの一言

公開日: 更新日:

 プロ1年目の一軍での試合出場はわずか6試合にとどまった。シーズン終盤に一軍に昇格したが、すべてが代走、守備固めとしての途中出場。一度も打席に立つことができなかった。ファーム生活を含め、プロの厳しさを実感する日々だった。

 今も、忘れられない。1983年9月21日。私はプロとして絶対にやってはいけないボーンヘッドを犯してしまった。その日、ロッテは川崎球場で南海とダブルヘッダーを戦った。その2戦目。4―6で迎えた九回裏の2死一塁の場面で私は、3番・落合博満さんの代走として出場した。

 4番のレロン・リーさんの打ったゴロがファースト方向へ。一塁手の池之上格さんがベースを踏んで試合終了だと思った私は漫然と二塁ベースを回った。そして、一塁方向にふと目をやった瞬間、頭が真っ白になった。

 一塁手の池之上さんが二塁へ送球。ベースから5メートルほどオーバーランしていた私は二、三塁間で挟まれ、タッチアウトとなってしまった。その瞬間は一体何が起きたのか、わからなかった。一塁手が打球をはじき、打者のリーさんが一塁セーフになったことを知ったのは、アウトになった後だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る