サウサンプトン南野の「2戦連続出番なし」が意味するモノ

公開日: 更新日:

 英プレミア・サウサンプトンの日本代表MF南野拓実(26)が、2試合連続でベンチを温め続けた。

 日本での代表ウイークをこなした後のバーンリー戦(日本時間4日)は「移動など疲労残り」でプレー免除。同13日午前2時開始のウエスト・ブロム(WBA)戦は、現地メディアも「先発」と報じていたが、フタを開けてみると予想外のベンチスタートとなった。先発2トップは、バーンリー戦でゴールを奪ったFWイングスとMFレドモンド。同試合で先制点を決めたMFアームストロングが左サイドMFに、元イングランド代表FWウォルコットが右サイドMFに入った。

 前半で0-2とリードされたサウサンプトンは後半24分、ダメ押しの3失点目。攻撃陣を入れ替え、何とか一矢を報いたい状況で背番号10のMFアダムスが投入された。しかし形勢は変わらない上に同42分の<2枚替え>の際も南野にお呼びは掛からず、連続のベンチウオーマーとなった。

「レンタル移籍の南野は今季終了後、保有元リバプールに戻るか、サウサンプトンに完全移籍するか、そのどちらかを選ぶことになるが、サウサンプトン幹部は南野ではなく、エバートンからレンタル移籍中のウォルコットを完全移籍で引き入れることにしているともっぱら。今季限りでいなくなる南野は“使いづらい選手”ということです」(サッカー関係者)

 英プレミアは残り7試合。赤色・白色のたすき掛けのユニホーム姿をあと何回、見られるか?

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す