サウサンプトン南野の「2戦連続出番なし」が意味するモノ

公開日: 更新日:

 英プレミア・サウサンプトンの日本代表MF南野拓実(26)が、2試合連続でベンチを温め続けた。

 日本での代表ウイークをこなした後のバーンリー戦(日本時間4日)は「移動など疲労残り」でプレー免除。同13日午前2時開始のウエスト・ブロム(WBA)戦は、現地メディアも「先発」と報じていたが、フタを開けてみると予想外のベンチスタートとなった。先発2トップは、バーンリー戦でゴールを奪ったFWイングスとMFレドモンド。同試合で先制点を決めたMFアームストロングが左サイドMFに、元イングランド代表FWウォルコットが右サイドMFに入った。

 前半で0-2とリードされたサウサンプトンは後半24分、ダメ押しの3失点目。攻撃陣を入れ替え、何とか一矢を報いたい状況で背番号10のMFアダムスが投入された。しかし形勢は変わらない上に同42分の<2枚替え>の際も南野にお呼びは掛からず、連続のベンチウオーマーとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る