西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

落合さんを意識しないため相手ベンチを見ないことを心掛けた

公開日: 更新日:

 中日との2010年日本シリーズに臨むにあたり、私は相手ベンチの様子をなるべく目で見ないことを心掛けた。「落合監督」を意識しすぎないためだった。

 敵将の落合博満さんが試合中、どんな局面であっても表情を変えないことは、テレビ中継などを通じて知っていた。

 野球を熟知している上に、監督としての経験値も全然違う。しかも、何を仕掛けてくるかわからない雰囲気があった。ベンチの私が座る位置からは落合さんの表情をうかがうことはできないが、攻撃面や投手の継投など、「この場面で落合さんはどう動いてくるのだろう……」などと気にしすぎて、自分たちのやるべき野球ができなくなってしまうことだけは避けたかった。

 中日はその年のチーム防御率がセ・リーグ断トツの3・29。投手を含めた守りのチームだ。一方の我がロッテはチーム打率、得点ともにリーグトップで打線が中心。点を取れる時に取っておかないと、勝つことは難しくなる。常に主導権を握り、流れを相手に行かせないことを心掛けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  2. 2

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  5. 5

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  6. 6

    菅首相はどれほどの国民が命落とせば五輪中止を考えるのか

  7. 7

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  8. 8

    福井「子ども感染増」示す衝撃データ なのに政治は無関心

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る