西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

公開日: 更新日:

 もし落合博満さんがロッテでプレーし続けていたら、と思うこともある。

■稲尾監督退任と同時に中日へトレード

 私が在籍していたロッテは、3年間指揮を執った稲尾和久監督が1986年限りで退任。現役を引退したばかりの有藤通世さんが新監督に就任した。そのタイミングで、2年連続で三冠王を獲得していた落合さんが1対4の大型トレードで中日へ移籍することになった。何より稲尾さんと落合さんが強い信頼関係を築いていたことは、私のような若手にも伝わっていた。

 稲尾監督の3年間、チームは2位、2位、4位。特に初年度の84年は、首位西武と39・5ゲーム差の最下位に沈んだ前年から躍進した。最終的に優勝した阪急に8・5ゲーム差をつけられたものの、一時は優勝の二文字が浮かんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る