山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

スカッとしないけど勝つ阪神への期待 先発陣が計算以上

公開日: 更新日:

 阪神の選手会長にしてトップバッターの近本光司、主将にして4番打者の大山悠輔。このドライチコンビは今季の阪神打線の中心になるはずだったが、いざ開幕してみると2人ともまさかの低空飛行を続けている。

 近本は最近やや調子が上向いてきた感じもするが、それでも打率は依然として1割台。大山もヒットはちょこちょこ出ているものの、肝心の本塁打がいまだ0である。

 また、打線のもうひとつの目玉だった怪物ルーキー・佐藤輝明も、いざ開幕してみると、さすがにオープン戦とはちがってプロの壁に阻まれている。彼の場合、バットに当たれば飛距離はえげつないわけで、だから現在までに放った3本のホームランはどれも衝撃的だったのだが、一方で打率は1割台と低迷。とはいえ、これは大砲タイプのルーキーあるあるみたいなものなので、些細なことは気にせず、今後も打席に立ち続けてもらいたい。佐藤はロマン枠だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    大阪・松井市長は緊急事態宣言解除後に「ジム通い」を再開

  4. 4

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

  5. 5

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  6. 6

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  7. 7

    たいめいけん茂出木浩司シェフ 新店舗のキッチンは私の夢

  8. 8

    結婚がしたい…コロナ後遺症で障害者になった50代男性の苦悩

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

もっと見る