虎ドラ6中野が大貢献 プロ入り掴んだ社会人時代の打撃開眼

公開日: 更新日:

 11日のDeNA戦。ドラフト6位新人の中野拓夢(24=三菱自動車岡崎)が前日に続いて8番遊撃でスタメン出場。3安打1打点の活躍で、チームの3連勝に貢献した。

 キャンプ一軍スタートを勝ち取ると、一度も二軍落ちすることなく、開幕を迎えた。遊撃は木浪、山本らが控えるものの、9日の試合で木浪が2失策すると、10日に初スタメンに抜擢された。すでにプロ初安打は放っていたが、いきなり初打点、初盗塁をマーク。2試合続けて攻守でいい働きを見せた。スポーツライターの安倍昌彦氏が言う。

「日大山形高時代、1学年上の奥村(現ヤクルト)と二遊間を組み、甲子園でベスト4。東北福祉大時代も4年時の6月に大学選手権で全国制覇を果たした。プロでも盗塁ができる脚力に加え、特に遊撃と二塁の守備は高校、大学時代から天性のものを感じました。打球への反応の良さはもちろん、遊撃と二塁はスローイングや捕球時の体勢が逆向きになるものの、両ポジションとも動きがスムーズで、本職でやっているかのような身のこなしをする。東北福祉大時代は学内で、『歴代屈指の守備力がある』と言われていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る