“規格外”佐藤輝効果で阪神に新ジンクス 甲子園初HRで実証

公開日: 更新日:

 やはり並のルーキーではないようだ。

 14日、阪神のドラ1新人・佐藤輝が1点リードの四回無死一塁で、広島森下のカウント0―2から投じたカーブを右中間席に運ぶ4号2ラン。前回の初対戦では2三振を喫し、1つ目の三振はやや内角低めのカーブにバットが空を切ったが、この日はそのカーブを狙っていたかのようにジャストミート。甲子園初アーチで借りを返した。

「良いピッチャーですし、前の対戦でやられているので、今日はなんとかやり返したいと思っていました。ランナーのいる場面でホームランを打つことができてよかったですし、先制タイムリーを打った中野さんに続くことができてよかったです」(佐藤輝)

 開幕から2試合連続無失点の森下は、この一発が今季初の自責点。それで気落ちしたのか、その後も2点を失い5回でマウンドを降りた。佐藤輝は七回にも2死一、二塁から中前適時打で3打点。チームの12勝目(4敗)に大きく貢献した。ちなみに阪神は、佐藤輝がアーチを放った試合は負けなしだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る