“天性の飛ばし屋”阪神・佐藤輝「東京五輪大抜擢」はあるか

公開日: 更新日:

 やっぱりパワーはハンパない。

■19打席ぶり2号HR

 1日、阪神佐藤輝明(22=近大)が広島戦の第3打席で右翼席へ2号ソロ。真ん中に入った変化球を捉え、開幕2戦目(3月27日)以来、19打席ぶりのアーチをかけた。

 開幕戦でプロ初打点、2戦目でプロ初本塁打と順調な滑り出しを見せた黄金ルーキーだったが、この広島3連戦はプロの壁にぶつかった。前日までの2試合は8打数1安打6三振。打率は・158まで下がった。31日の試合ではタイミングを外され、バットを3本も折った。この日の試合前には井上ヘッドコーチからアドバイスを受けるシーンもあった。

 オープン戦で新人記録の6本塁打を放ったとはいえ、佐藤はプロ入り前から「対応力」が課題と言われてきた。大学時代は結果が出ないと、上体に頼った打ち方をすることもあったという。佐藤をチェックしていたスカウトの中には、「プロの投手に慣れるためにも、1年間は二軍で経験を積んだほうがいい。三塁や外野の守備もまだまだ課題は多いからね」との声もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

もっと見る