羽生結弦は国別対抗で総合2位「来季は4回転半」と意欲満々

公開日: 更新日:

 大阪で開催されているフィギュアスケートの世界国別対抗戦。SP2位の羽生結弦(26)は大河ドラマ「天と地と」の曲に乗り、主役の上杉謙信に扮して演技を見せた。

 しかし、ジャンプでミスがあり、193・76の高得点もネイサン・チェン(米国)の203・24には及ばず、総合2位に終わった。16日時点で日本はロシア、米国に次ぐ3位だ。

 羽生はかねて「五輪の金メダルよりも4回転アクセルを跳ぶこと」を目標に掲げていた。今大会はチーム戦で高難度の技への挑戦を封印していたものの、残されたチャンスは多くない。フィギュアスケートの世界で26歳はベテラン。多くの男子スケーターがこの年齢前後に引退している。さらに羽生は腰と両足首にバクダンを抱えているのも気がかりだ。

 今季最終戦を滑り終えた羽生は「曲を感じながら滑ることが出来た。ある意味満足」と話し、「来季は4回転半を目指したい」と意欲満々。

 年齢や故障歴を考えれば、来季が大技を成功させるラストチャンス。あるいは「未完成交響曲」として、その挑戦だけが語り継がれることになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る