紀平は腰痛響きSP4位 北京へ求められる浅田真央ばりの耐性

公開日: 更新日:

 世界フィギュアスケート国別対抗戦(大阪)が15日に開幕。女子ショートプログラム(sp)で、紀平梨花(18)が転倒などのミスもあって、69.74点で4位。シェルバコワ(81.07点)、トゥクタミシェワ(80.35点)のロシア勢に加え、坂本花織(77.78点)の後塵を拝した。

 大会は6カ国が参加し、男女シングル各2人、ペアとアイスダンス各1組でチームを編成。各種目の順位点の合計で争われ、日本は3位で初日を終えた。紀平は13日の練習中、腰痛を発症。フリーでの大技4回転サルコーの回避を決めた。腰痛を押して出場した今回は演技全体の完成度の高さを重視しているが、来年2月開幕の北京冬季五輪では技術や演技力とともに、かつて日本女子を牽引した浅田真央ばりの忍耐力も求められる。

■「痛みを怖がらずに思い切ってやるしか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る