山口すず夏
著者のコラム一覧
山口すず夏プロゴルファー

2000年8月2日生まれ、神奈川県相模原市出身。160センチ、A型。7歳からゴルフを始め、15年「全米女子オープン」日本地区予選会2位。日本人史上最年少14歳でメジャー出場。18年「豪州女子アマ」で日本人初優勝。同年米女子ツアー最終QT36位資格で出場権を獲得。18歳でプロ転向。米ルーキーイヤーの昨季は賞金ランク150位。2年目の今季は初優勝を目指す。得意クラブはパター。環境ステーション所属。

松山英樹さんのように子供たちが憧れるプロになります

公開日: 更新日:

 マスターズ開幕直前に松山英樹さんへ「明日から頑張ってください」とメールしたら、「ありがとう」の返信がありました。そして優勝後に「おめでとうございます」と送ったら、「ありがとう――」と来ました。

 マスターズは男子プロなら誰でも勝ちたいメジャーであり、それをアジア人、日本人として初めて達成。松山さんが心にとどめていた東日本大震災から10年の節目に勝ったのも本当にすごいことだと思います。

 いま「ロッテ選手権」出場のためハワイにいます。日曜日の練習ラウンドは午後1時30分にティータイムを取っていました。でも、その時間だと松山さんの優勝シーンが見られないから、午前8時30分に変更してバックナインだけプレー。その間も父ヒロユキがスマホでチェックしていたので途中経過を聞いていました。

 練ランが終わって、すぐに宿舎に戻ってテレビをつけたら、ちょうどハーフターンしたところでした。ショットもパットもすべてすごかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る