松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

公開日: 更新日:

 日本中が感動した松山英樹(29)のマスターズ優勝。日本ゴルフ界の悲願成就に涙した人は少なくない。

 1997年、T・ウッズの初優勝から、マスターズは12回取材したゴルフライターの吉川英三郎氏もその一人だ。

「まさか生きているうちに、日本人がグリーンジャケットを着る日がくるとは……。マスターズに招待された日本人選手が厚い壁に阻まれ、オーガスタを去っていく姿を何度も見てきました。その壁がついに破られた。松山選手にはありがとうと言いたい」

 その吉川氏が「気になった」というのが、夕暮れに行われた表彰式(グリーンジャケット・セレモニー)だった。

 オーガスタ・ナショナルGCのフレッド・リドリー会長の挨拶後、松山は前年覇者のダスティン・ジョンソンからマスターズ優勝者だけに贈られるグリーンジャケットを着せてもらい笑顔がはじけて万歳。その後リドリー会長からマイクの前へ促され優勝スピーチが始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  3. 3

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  6. 6

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  7. 7

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

  10. 10

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

もっと見る