松山英樹「東北への秘めた思い」東北福祉大の阿部監督語る

公開日: 更新日:

 2011年の東日本大震災直後、大学2年生だった松山英樹(29)は、アマチュアとしてマスターズに出場。27位に入り、日本人として初めてローアマを獲得した。

 松山を指導した東北福祉大学ゴルフ部の阿部靖彦監督(58)は当時から、「僕が生きている間にマスターズの表彰台に上がれるのは松山英樹だけだろう」と周囲に漏らしていたという。

 あれから10年。予言が現実となった阿部監督は、改めてこう語る。

「全国のいろいろな方から電話、メール、SNSで祝福のお言葉をいただきました。『あれ? こんなに友達がいたっけ?』と思ったほどです(笑い)。本当に皆に支えられていたんだなと、深く実感しました。英樹が目標としていた世界の頂点の達成が、多くの方からも喜んでもらえたことが、非常にうれしいです」


■プロか大学進学か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る