ロッテ佐々木「5月一軍」見えた! 最大の課題はやはり体力

公開日: 更新日:

 徐々にだが、前に進んでいる。プロ2年目の右腕・佐々木朗希(19)のことだ。

 20日、イースタンの楽天戦に先発し、3回を2安打1四球4奪三振、2失点。新外国人のディクソンに公式戦初の一発を浴びたものの、ストレートの最速は153キロ、球数はプロ最多の63球だった。

 佐々木朗は今回が公式戦3度目の登板。4月に入ってから2回と3回の計5回を投げていた。

「3イニングの登板を2度続けてクリアしたことに意味があるといいます。3回を3~4度、しっかり投げられるようになったら一軍に昇格させるプランだと聞きましたから」と、OBのひとりがこう続ける。

「佐々木朗の最大の課題は体力面です。投げようと思えば160キロも投げられますけど、肩肘を含めた上半身がその球速に耐えられる強度に、まだなっていない。なので6~7割程度の力の入れ具合で投げています。それでもストレートの平均球速は150キロを超え、制球も悪くない。スライダーやフォークなど変化球も一級品です。十分、一軍で通用するし、160キロは必要ないという判断です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る