ロッテ佐々木「5月一軍」見えた! 最大の課題はやはり体力

公開日: 更新日:

 徐々にだが、前に進んでいる。プロ2年目の右腕・佐々木朗希(19)のことだ。

 20日、イースタンの楽天戦に先発し、3回を2安打1四球4奪三振、2失点。新外国人のディクソンに公式戦初の一発を浴びたものの、ストレートの最速は153キロ、球数はプロ最多の63球だった。

 佐々木朗は今回が公式戦3度目の登板。4月に入ってから2回と3回の計5回を投げていた。

「3イニングの登板を2度続けてクリアしたことに意味があるといいます。3回を3~4度、しっかり投げられるようになったら一軍に昇格させるプランだと聞きましたから」と、OBのひとりがこう続ける。

「佐々木朗の最大の課題は体力面です。投げようと思えば160キロも投げられますけど、肩肘を含めた上半身がその球速に耐えられる強度に、まだなっていない。なので6~7割程度の力の入れ具合で投げています。それでもストレートの平均球速は150キロを超え、制球も悪くない。スライダーやフォークなど変化球も一級品です。十分、一軍で通用するし、160キロは必要ないという判断です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る